• このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

ルカスです。

 

 

 

実は先日ヤフオクで詐欺に遭ってました(笑)

 

詐欺に遭って初めて勉強したことをシェアします。

 

 

 

 

 

 

商品が送られてこない…

 

 

 

 

 

状態が違うだとか、

 

中身が違うとかではなくて、

 

そもそも送られてきてないので完全に詐欺です。

 

 

 

 

 

今日の時点で1ヶ月以上が経過していますが、全く音沙汰なし。

 

 

 

 

 

先月はせどりをほぼ何もやっていなかったこともあり、

 

こんな問題が起きていたことにも正直気づいてませんでしたが…

 

 

 

 

 

 

 

誠実な出品者のように見えていたのに…

 

 

 

 

しかも、この出品者は入札側の質問にはめちゃくちゃ早く回答するなど

 

とても誠実な対応をしているように見えていただけにビックリしました。

 

(今思えば、それほど金に困っていたのかもしれませんが)

 

 

 

 

 

 

さらに深くチェックしていくと、

 

僕が落札した2日後ぐらいから徐々に低評価が増えていて(笑)

 

 

 

 

 

 

他の購入者からもただの低評価じゃなく、詐欺だとか音信不通だとか書かれてました。

 

ま、入札や落札の時点では評価に問題はなく、防ぎようがなかったですけどね。

 

 

 

 

 

未着トラブルお見舞い制度とは?

 

 

 

 

 

というように詐欺に遭ってもそこまでイライラしてないのは、

 

ヤフオクには未着トラブルお見舞い制度という補償プログラムが用意されてるからです。

 

参考リンク:http://guide.ec.yahoo.co.jp/notice/omimai/kaitei-announce.html

 

 

 

 

 

 

2012年10月2日以降に落札した商品でトラブルがあった場合に申請可能。

 

補償額は最大50万円までを100%、Tポイントで補償するみたいです。

 

(Tポイントかよ!)

 

 

 

 

 

しかもよく読んだら1年に1回しか申請できないのかよ!!

 

やっぱりクソ制度だった(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

年に2回以上詐欺られたらどうすれっていうのか??

 

公式アナウンスで泣き寝入りを指導してるのか??

 

そんなヘビーにヤフオク使うなってことか??

 

 

 

 

 

 

しかもお見舞い回数のアップを検討!って書いてあるけど、

 

いったいいつから検討してて、いつまで検討してるんだか…

 

 

 

 

 

 

こんなの検討するまでもなく導入すべきだと思いますがね。

 

悪いのはあくまでも詐欺をしてる側なんだから、そっちにペナルティを課せばいいだけ。

 

(さらによく読むとプレミアム会員なら制限なく申し込めるみたい。これなら僕は問題なし)

 

 

 

 

 

 

未着トラブルお見舞い制度の申請は手間が多い…

 

 

 

次に未着トラブルお見舞い制度の申請手順がまためんどくさい。

 

色々と証明しなきゃいけないのはわかるけど、被害側に手間が多いのは鬱陶しい。

 

yahooさん、ここはなんとかしてください…

 

 

 

 

STEP1 詐欺罪(刑法246条)に該当することが必要

 

 

 

 

最初の手順として詐欺罪(刑法246条)に該当することが必要なもよう。

 

詐欺罪とは…Wikipediaより引用。

↓↓↓

 

詐欺罪(さぎざい)とは、人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする(例えば無銭飲食や無銭宿泊を行う、無賃乗車するなど、本来有償で受ける待遇やサービスを不法に受けること)行為、または他人にこれを得させる行為を内容とする犯罪のこと。刑法246条に規定されている。未遂も罰せられる(250条)。

 

詐欺罪リンク:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%90%E6%AC%BA%E7%BD%AA

 

 

 

 

 

まぁ、厳密な定義はよくわからん。

 

ただ、代金の請求は商品落札後3分程度でしているのに、1ヶ月商品を送ってこないのは詐欺のはず。

 

 

 

 

 

 

STEP2 警察に被害届を出す

 

 

 

次に警察に被害届を出すことが必要。

 

 

 

 

これは来週中には行う予定だけど、ほんとにめんどくさい…

 

もう警察ってだけでめんどくさい…

 

きっと数時間はかかるんだろうし、本当にめんどくさい。

 

 

 

 

 

でも行かなきゃ泣き寝入りだから行くしかない。

 

金額もそうだけど泣き寝入りってのがイヤだから行くしかない。

 

 

 

 

 

STEP3 内容証明で商品の送付を催促する

 

 

 

次に内容証明で商品の送付を催促する必要があるらしい。

 

そんなもん催促して送ってくるはずないだろうに…

 

でもやらなきゃいけないからやるけど。

 

 

 

 

 

 

STEP4 yahooIDで落札していること

 

 

次はyahooIDを使って落札していること。

 

これはOK。

 

 

 

 

STEP5 yahooウォレットに登録していること

 

 

次は落札時にyahooウォレットに登録していること。

 

yahooウォレットとはyahooより引用。

↓↓↓

便利なお支払い手段などを提供しているインターネットのお財布です。
Yahoo! JAPANはもちろん、Yahoo! JAPAN以外でもYahoo!ウォレットが使えるサイトでご利用いただけます。
有料サービス、有料コンテンツ、お買い物のお支払いや報酬の受け取りが便利、簡単に。

 

 

 

ヤバイ!!

 

って思ったけど、奇跡的に加入済みだった。

 

これもクリアー。

 

 

 

 

 

 

ここまでやってやっと審査対象になるだけ…

 

 

 

ここまでクリアしてやっと審査対象になるだけ。

 

審査対象になるまでのハードルとか手間がめちゃくちゃ多い印象。

 

補償プログラムが存在しないよりはマシだけど、めんどい。

 

 

 

 

 

やっぱりAmazonマーケットプレイス保証は最強だった。

 

 

 

こう考えるとほとんどなんの手間もなく申請できて、

 

ほぼ確実に返金してもらえるAmazonマーケットプレイス保証は最強だなーって再認識しますね。

 

やっぱ購入するならAmazon一択ですね。

 

参考記事:Amazonマーケットプレイス保証の事実。

 

 

 

 

 

 

ってわけで、まだ色々しなきゃいけない手続きもあるので、

 

進展があったらまたブログで報告したいと思います。

 

ヤフオクの詐欺師にはお気をつけくださいませ。

 

 

 

 

 

 

p.s.

 

 

僕はブログやメルマガでこうやってネタにできるから腹立たないのかもしれませんね。

 

もし不満のはけ口がなかったらストレスMAXだったかもしれません(笑)

 

 

 

 

 

pp.s.

 

 

例えば全額Tポイントとはいえ補償されたとしても…

 

 

結局僕を騙した出品者からお金を回収するわけでもなく、

 

出品者は逮捕されるわけでもなく、ノーリスクでのんきに生活してると思うと腹立たしいですけどね。

 

 

 

1万円程度の金額を取り返すために、それ以上の人件費をかけて警察が動くのも非合理的ですが、

 

そのために少額の詐欺は許容せざるを得ず、泣き寝入りになる被害者がいるのはおかしいと思います。

 

 

 

mailtop1010

1476082961ms9eyntzowtlkiq1476082961-1

氏名*

メールアドレス*

確認用メールアドレス*