ルカスです。

 

 

 

 

 

 

3月も終わったので結果でも。

 

 

 

 

 

何気に過去最高売上でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

3月はAmazonからの入金がストップするという悪夢に見舞われたので、、、、、

参考記事:Amazonからの入金が遅延してるぞ、、、、

 

 

 

 

 

 

本当はあと30万程度は売上を伸ばせたと思ってます。

 

 

 

 

 

 

このようになんだか腑に落ちない状態での最高記録なので素直には喜べないですね。

 

まぁ、そういったハンデがあるなかでも最高記録を達成できたと喜ぶべきなのかもしれませんが。

 

 

 

 

 

 

 

しかも利益率が結構落ちてしまうというダブルパンチ、、、、、

 

在庫処分うんぬんがあるにせよ今のスキルで利益率25%はいただけませんね。

 

すでに利益率25%のステージはとっくにクリアしていないといけないはずなので。

 

 

 

 

 

 

 

とは言えやはり物販をやっていて商品が入ってこないことは致命的なので、、、

 

今月のことは事故だったと思って4月は頑張りたいですね。

 

在庫不足の影響をより受けそうなのは4月なんですが(笑)

 

 

 

 

 

 

 

さて、3月で4ヶ月連続で売上200万を達成しました。

 

 

 

 

 

それまではどんなに頑張っても月商150万の壁を超えられなかったのに、

 

なぜいとも簡単に月商が100万近くアップしたのか?

 

色々考えてみたのですが結論としては

 

 

 

 

『せどりの利益はどんな手法を取り入れるか?』

 

 

 

で決まってしまうということでした。

 

 

 

 

 

 

 

せどりの利益は取り入れた手法で決まる。

 

 

 

 

 

僕のせどり手法の基礎中の基礎である月5万最速マニュアル(動画版)の基本スタンスは、

 

 

『今はそう簡単に仕入れができるわけじゃない』

 

 

という厳しい現実をしっかり見つめたうえで作り上げたマニュアルです。

 

 

 

 

 

 

もちろん今もせどりを取り巻く仕入れ環境は決して緩くはないです。

 

 

 

 

 

 

だからこそ最初から『仕入れは難しいよね』という考えでいることが大切です。

 

 

 

 

 

『仕入れなんて誰にでもできるんじゃね?』

 

 

『素人でも10分ぐらい探せば1000円ぐらいなら利益出せるだろ』

 

 

 

 

 

 

最初からこういったあまーーーーーーーーーーーーーーーーーい考えで取り組むと、

 

ほぼ100%失敗するでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

慣れれば10分で1000円の利益は難しいことではないですが、

 

そんなものが何も知らない素人でもバンバン見つかるほど甘い環境じゃないからです。

 

 

 

 

 

 

だからこそ予め厳しい環境であることを十分に理解したうえで稼いでいくために何をするのか?

 

その視点で作ったのが月5万最速マニュアル(動画版)であり、

 

だからこそどれだけせどり環境が厳しくなっても僕のメインノウハウとして僕を支えてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

が、今思えば月5万最速マニュアル(動画版)が優秀で万能すぎたからこそ、

 

僕は優秀な仕入先を探すことを怠っていたように思います。

 

 

 

 

 

 

 

厳しい環境でも仕入れができるスキルがある。

そもそも楽勝な仕入れ先など簡単に見つかるものじゃない。

より良い仕入れ先を探すのは無理じゃない?

別に今のままでも稼げてるし、いいや。

 

 

 

 

 

 

って思ってたのだと思います。

 

たぶんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

月5万最速マニュアル(動画版)は、利益率25%を徹底して守っていくスタイルです。

 

 

 

 

 

もちろん25%より30%のほうがいいけれど、

 

そこを目指すことによって商品の回転率を落とすぐらいなら25%でちゃんと回転させるべき。

 

そのうえで複利で回すのが最強の手法だというのが月5万最速マニュアル(動画版)の内容です。

 

(かなりザックリですが笑)

 

 

 

 

 

 

 

で、こういった論理でやっている以上は当然利益率は25%前後に落ち着いてくるわけです。

 

 

 

 

 

僕は25%を下回ることはほとんどないけど、

 

26%とか27%とかが多かったんですね。

 

 

 

 

 

 

月5万最速マニュアル(動画版)の論理からすればそれで正解だし、それでいい。

 

が、月5万最速マニュアル(動画版)の手法しか持っていないと上には行けないんですね。

 

 

 

 

 

 

大切なのはメインの手法の上に色々な手法を上積みしていくことです。

 

 

 

 

 

 

メインの手法を変える必要はありません。

 

 

 

 

 

 

その手法が本物であれば本物であるほど常に利用していくべきです。

 

 

 

 

 

 

メインの手法を基礎として、そのうえにより良質な土台を築いていく。

 

 

 

 

 

それによってさらに利益が上乗せされていき、ハッピーな生活が送れるようになる。

 

 

 

 

 

 

 

ハッピーな生活が送りたければ常に手法を見直して改善していく必要があります。

 

 

 

 

検討

 

 

実験

 

 

改善

 

 

 

 

 

これらの3つは新たなステージに行くためには絶対に欠かせないものです。

 

これらができないなら誰かが作り上げた手法を買って取り入れるのも手ですが。

 

 

 

 

 

 

新しい手法を検討して、

 

 

 

 

その手法が本当に上手くいくのか実験して、

 

 

 

 

その結果を常に改善し続けていく。

 

 

 

 

 

 

 

そして利益の本質はお客さんへのメリットの提供であることを逸脱しないこと。

 

 

 

 

『ヤフオクが儲かる』

 

 

『メルカリが儲かる』

 

 

『個人商店が儲かる』

 

 

『卸業者からの直接仕入れが儲かる』

 

 

 

 

 

 

 

こんなものは所詮は稼ぐための構造の末端中の末端に過ぎません。

 

 

 

 

稼ぐための本質ではないのです。

 

 

 

 

僕はずーーーーーーーっっと

 

 

 

 

『人間は自分勝手な生き物だ』

 

 

 

 

と繰り返し提唱しています。

 

 

 

 

 

だからこそメリットを提供すべきとも言っていますね。

 

 

 

 

 

ヤフオクはそのうち廃れるかもしれません。

 

 

 

メルカリはそのうち廃れるかもしれません。

 

 

 

個人商店はそのうち閉店してしまうかもしれません。

 

 

 

卸業者もそのうち廃業してしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

 

じゃあ人間はそのうちメリットを追求しなくなるでしょうか?

 

 

 

 

人間はそのうち便利さを求めなくなるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

人間に向上心があるうちはそれは絶対にないでしょうね。

 

 

 

 

『今よりももっと』

 

 

 

を常に追求してきた人間が今よりも不便なことを受け入れることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

こういった人間の不変の心理を手法の基本に置くのが僕の考え方です。

 

なので新手法を作るときの構成はこのようになります。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

1.お客にメリットになるのか?を徹底的に追求する。(メリットの提供)

 

2.どんなメリットを提供するか決め、新手法を考える。(検討)

 

3.その新手法が本当に稼げるのか実験する。(実験)

 

4.仕入れや販売の成功率を高めるために工夫する。(改善)

 

5.成功率が70%以上なら手法として成立とする。(とりあえずの完成形)

 

6.成功率を1%でも上げるために永遠に考察を繰り返す。(改善)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

 

こうやって手法を作り上げているため、

 

どんな手法を取り入れるかで利益がある程度確定してくるのは当然ですね。

 

 

 

 

 

むしろ利益率が30%になったり、10%になったりというように、

 

あまりに幅がありすぎるのはビジネスではなくギャンブルです。

 

 

 

 

 

 

ギャンブラーならいいでしょうが、

 

もっと手法の改善に取り組むべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

いいでしょうか?

 

 

 

 

 

 

せどりはどんな手法で取り組むかで利益はほぼ決まってしまいます。

 

 

 

 

 

利益率25%の手法なら利益率は25%に。

 

 

 

利益率10%の手法なら利益率は10%に。

 

 

 

利益率40%の手法なら利益率は40%に。

 

 

 

 

 

なるようにできています。

 

 

 

 

 

どんな手法を取り入れるかが重要なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたがまだ利益を上げられておらず、

 

稼ぐための手法も確立できていないなら、

 

まずは基本となる本質的で、万能な手法を学ぶことをオススメします。

 

 

 

 

 

 

基本を理解できているなら、その上積みとなる手法を積極的に勉強するべきです。

 

 

 

 

 

 

今より一段上に行きたいなら。

 

 

 

 

 

 

今の手法をもう一度見直してみるべきだと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

p.s.

 

 

 

先日のアンケート結果がでました。

参考記事:ヤマトショックでプライム会員費が値上げ?んなわけない。

 

 

 

 

あなたがゲームソフトを買うとしたら次のうちどちらから買いますか?というものです。

 

 

A.商品代金が2000円で、送料無料。

 

B.商品代金が500円で、送料が1500円。

 

 

 

 

 

 

結果は、、、、

 

 

 

Aの条件から買う人が80%

 

Bの条件から買う人が20%でした。

 

 

 

 

 

ちょっと意外な結果でしたね。

 

ここまで送料を払いたい人がいるとは思いませんでした(笑)

 

 

 

 

 

次に「お客さんはどちらから買うと思いますか?」を聞いてみると

 

 

 

Aの条件から買うと思うが80%

 

Bの条件から買うと思うが20%でした。

 

 

 

 

 

今の時代に送料無料を捨てて勝負する特攻隊のような人が20%もいるとは、、、

 

いやはや、世の中は広いですな。

 

 

 

 

 

 

全員が送料無料にできないという前提ならともかく、

 

他のライバルが送料無料なのに僕だけ1500円の送料を取ってビジネスをする勇気はないですね。

 

 

 

 

いやはや、世の中は広いですな。

 

 

 

mailtop1010

1476082961ms9eyntzowtlkiq1476082961-1

氏名*

メールアドレス*

確認用メールアドレス*