ルカスです。

 

 

 

 

最近メルカリ仕入れ手法のコンサルを立て続けにやっています。

 

GW終了後には他のコンサルも立て続けに入っています。

 

 

 

 

 

メルカリのコンサルでつい何気なく話した

 

 

『PCやAmazonの画面の先にいるのは人である』

 

 

という話が好評を得ているのでシェアしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

お客さんはAmazonから買っているわけではない。

 

 

 

 

 

お客さんはAmazonというサイトから買い物をしているわけではありません。

 

 

 

 

この感覚はカートを取ることだけしか能がない新品せどらーには理解できないでしょうが、

 

結局お客さんはAmazonというサイトを介して個人間取引をしているに過ぎません。

 

 

 

 

 

 

 

初心者の人ほど勘違いしていますが、

 

Amazonに出品すれば何もしなくても売れるわけではないですよね?

 

 

 

 

 

 

売れない売れないと嘆く人が多いですが、

 

全員が売れないわけではなく、やはりスキルが抜きん出てる人がガンガン売れています。

 

 

 

 

 

 

その差はなにか?

 

 

 

 

 

Amazonの力で売っているという認識でいるのか、

 

Amazonは購入者と販売者の橋渡しに過ぎないという認識でいるのかの違いです。

 

 

 

 

 

もちろんAmazonの利便性に惹かれて買う人は山のようにいます。

 

が、出品者が複数いるなかで選ばれる人と選ばれない人の差がつくのは、

 

Amazonの利便性など関係ない個人の力量による部分の差です。

 

 

 

 

 

Amazonは購入者と販売者を結びつけるプラットフォームというだけの存在。

 

 

 

 

 

そこには過剰とも言える購入者保護のルールがあるからお客さんが集まる。

 

でも、集まったあとに他のライバルを出し抜いて選ばれるかどうかは話が別。

 

 

 

 

 

 

ライバルを出し抜くのはあなたの仕事です。

 

 

 

 

 

Amazonは出品者と購入者を橋渡ししてくれるだけ。

 

 

 

 

 

うじゃうじゃしているライバルの中からお客さんに選ばれるようにするのは、

 

あなただけの仕事であり、そこが最も難しい部分です。

 

 

 

 

 

Amazonになんとか売ってもらおうなんて考えている時点で敗者です。

 

 

 

 

 

 

Amazonではなくあなたがなんとかしなければいけません。

 

 

 

 

 

 

PC画面に表示されている情報で買い物をするわけでもない?

 

 

 

 

 

それと同時にPCに表示されている情報で買い物をするわけでもないです。

 

 

 

 

お客さんは例えば商品説明文であったり、高評価の割合であったり色々なデータを参考に買い物をします。

 

 

 

 

 

 

なのでみんな商品説明文でよりたくさんのメリットを訴えたり、

 

たくさん高評価をもらえるように努力したりするわけですが、

 

こういった努力は上辺だけのものにすぎません。

 

 

 

 

 

 

なぜ良質な商品説明文が書けるのか?

 

 

 

 

説明できますか?

 

 

 

 

なぜ高評価がたくさんもらえるのか?

 

 

 

 

説明できますか?

 

 

 

 

 

それはPCの向こうにいる購入者を意識しているからです。

 

 

 

 

 

Amazonでうまく売るために良い商品説明文を書いてやるぜ!!っていう人は、

 

本当にお客さんを唸らせるような商品説明文は書けません。

 

 

 

 

 

それは出品者都合(ガンガン売りたい)の話であり、

 

良質なメリットを提供したいという購入者の目的とは関係がないからです。

 

 

 

 

 

 

高評価がたくさん集まるのはPCの向こう側にいる購入者のためを思って作業するからです。

 

 

 

 

 

もちろん販売数が増えるほどクレーマーに遭遇する数が増えるので、

 

100%の満足を得ることは難しいです。

 

 

 

 

 

 

が、自分が検品や梱包で楽をしたいという感情を優先させ、

 

購入者へのメリットの提供を怠る気持ちがあるなら顧客満足度は当然落ちます。

 

 

 

 

 

 

つまりAmazonで購入者に満足してもらえるような販売をガンガンやっていきたいなら、

 

Amazonに売ってもらっているという認識をいち早く捨てることと、

 

PCに表示されている情報さえよければ売れるという認識を捨てることが重要です。

 

 

 

 

 

 

あくまでもあなたと購入者とのやり取りなのです。

 

 

 

 

 

 

Amazonで販売すれば売れるというのはAmazonの集客力を表現した話であって、

 

売れている人もいれば売れていない人も山のようにいます。

 

 

 

 

 

売れている人と売れてない人の違いは、

 

ネット通販になったことで購入者を意識しなくなっていることです。

 

 

 

 

 

 

どこまでいっても物々交換の領域を出ないのです。

 

 

 

 

 

 

購入者:あなたから買うとこんな良いことがあるのね。じゃあこれだけ払うわ。

 

出品者:ありがとうございます。

 

 

 

 

 

これらの意識を抜けることは絶対にありません。

 

 

 

 

PCによって

 

 

インターネットによって

 

 

Amazonによって

 

 

 

 

直接会わなくても済むようになっただけです。

 

 

 

 

 

 

直接会おうが会わなかろうがあなたが売る相手はお客さんです。

 

 

 

 

 

 

 

そのお客さんに対していかに誠実な態度で販売に臨むのか?

 

 

 

 

 

 

その誠実な態度が良質な商品説明文や高評価を生み出すのです。

 

 

 

 

 

 

お客さんは神様じゃないなんて言う販売者も増えてますが、

 

お客さんに好かれることなくしてビジネスが成り立ちますか?

 

 

 

 

 

 

 

神様じゃないのはクレーマーだけであってお客さんは神様です。

 

 

 

 

 

 

 

神様に選んでもらえなければあなたからは売れません。

 

 

 

 

 

 

売れなければあなたのビジネスはオママゴトになります。

 

 

 

 

 

 

飛べない豚はただの豚。

 

 

 

 

 

売れない在庫はただのゴミ。

 

 

 

 

 

売れない出品者はただのお遊び。

 

 

 

 

 

ビジネスとして取り組むのであれば売るということに執着してください。

 

 

 

 

利益を出すことに執着してください。

 

 

 

 

それを安定させることに執着してください。

 

 

 

 

 

 

飛べない豚はただの豚。

 

 

 

 

 

あなたは売れない出品者になっていませんか?

 

 

 

 

 

 

mailtop1010

1476082961ms9eyntzowtlkiq1476082961-1

氏名*

メールアドレス*

確認用メールアドレス*