ルカスです。

 

 

 

 

2017年7月1日から7月4日の深夜現在、

 

AmazonでTVゲームカテゴリーの新規出品ができない状況になっています。

 

 

 

 

 

新品・中古はもちろん、

 

ゲーム機本体・ゲーム周辺機器・ゲームソフトなどジャンルを問わず全て出品不可です。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと今回の出来事のダメージは大きかったように思います。

 

 

 

 

 

 

僕は何でも売る自信があるのは間違いありませんが、

 

よほど巨大な資本でやっていない限りは一度作ったキャッシュ・フローなどが変わってしまうからです。

 

 

 

 

 

 

例えばゲームとCDでは売れるスピードが違います。

 

全てのCDが一概に遅いとは言い切れませんが、ゲームの回転スピードは凄まじいものがありますからね。

 

そもそも個人的にはCDは利益額・利益率に重点を置くジャンルだと思ってますし。

 

 

 

 

 

 

このようにそれぞれのせどりスタイルによって作り上げた

 

「流れ」

 

のようなものを一気に崩される可能性があるのが今回の出品規制です。

 

 

 

 

 

「それはゲームばっかり出品してるからそうなるんだ」

 

 

「他のジャンルしか売ってないから関係ない」

 

 

「Amazonなんか使うからこうなる」

 

 

 

 

Amazonを使うなという理論だけはごもっともですね。

 

が、副業で自宅でやるということを考えると在庫保管スペースなども考慮するとFBAはやはり魅力的です。

 

 

 

そしてゲームを売っていないから関係ないというのは大きな間違いですね。

 

 

 

 

なぜ間違いなのか?

 

 

 

 

検証していきます。

 

 

 

 

 

 

相変わらずの隠蔽体質

 

 

 

 

先日のAmazon詐欺事件でもそうでしたが、

 

未だ障害報告・システムトラブル・規約変更含めて何の報告もありません。

 

 

 

 

 

いつもはしらばっくれるテクニカルサポートが、

 

「たくさんのご連絡をいただいています」

 

と口を揃えて言うほど山のように連絡が来ているにも関わらず、、、、です。

 

 

 

 

 

障害発生なら「障害発生しています。今直してますのでちょっと待ってね」

 

 

出品規約変更なら「出品規約変更に伴って、態度の悪いセラーは出品規制したからね」

 

 

 

 

 

 

 

と一言言えばいいだけのことなのに、

 

未だにだんまりを決め込む理由がわかりません。

 

*余談ですが、詐欺事件関連のせいかクレジットカード情報を更新するとアカウント停止になるみたいです。

http://lucas-sedori01.com/ntr/itdcaok.c.html

 

 

 

 

 

 

購入者はともかく出品者からすればAmazonを完璧だと思ってる人なんていないのだから、

 

素直に現状のことを話して欲しいですね。

 

 

 

 

 

7月に入ってまだ出品してない人は未だに知らないんじゃないですか?

 

これはさすがに通知すべき内容だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

テクニカルサポートの対応がバラバラすぎる。

 

 

 

 

 

僕はAmazonテクニカルサポートが大嫌いです。

 

 

 

中にはかなり低い確率でちゃんとしてる人もいますが、

 

Amazonの出品規制すら知らないレベルの人間ばかりです。

 

よくそれで恥ずかしくなくお金もらえるなってレベルばっかりです。

 

問い合わせ先がここしかないので仕方なく聞きますが。

 

 

 

 

 

 

で、今回の件についても質問してみました。

 

僕は重要な事柄については最低3人には電話するようにしています。

 

 

なぜか?

 

 

 

 

3人に聞けば3人とも言うことが違うからです(笑)

 

 

 

ありえないでしょ?

 

 

 

 

共通していることは都合の悪いことは

 

「わかりません」

 

「知りません」

 

「言えません」

 

しか言わないことかな(笑)

 

なんのためにサポートを設置してるのか不明ですね。

 

 

 

 

 

 

 

で、1人目に聞くと衝撃の返答が、、、、

 

 

 

 

ル:なんかゲームカテゴリーで全て出品できないんですが、理由はわかりますか?

 

 

 

テ:他のお客様からも同様のご連絡をいただいております。

 

テ:障害やトラブルではなく出品時に審査が必要になりました。資格がないと判断された方は今後はゲームは出品できません。

 

 

 

 

ル:え!?そんなの聞いてないんですけど、どこかに記載がありますか?

 

 

 

 

テ:必ずしも全ての変更点を通知するとは限りません。今現在出品できない方は今後も出品できないと思われます。

 

 

 

 

ル:アカウントの健全性などそちらが守れというものは完全にクリアしているのにですか?

 

 

 

 

テ:アカウントの健全性などとは別の話になるものと思われます。

 

 

 

 

ル:これは全出品者がではなく、審査を通過しなかった出品者だけが規制されてるんですね?

 

 

 

 

テ:そうですね。

 

 

 

 

ル:そしてこれは今後さらに規約の変更がないかぎりは、未来永劫このままだと?

 

 

 

 

テ:そうですね。

 

 

 

 

ル:そうですか〜わかりましたー。

 

 

 

 

 

 

いや、わかりますこの絶望感(笑)

 

おかしいでしょ?

 

俺が何をしたって言うんだ、、、、と心底理不尽さを感じましたね。

 

ルールを守っていても裁かれるならなんのためのルールだ?

 

これからは俺もルールなんか守らないグレーゾーンせどらーになるぞ?と誓いました(笑)

 

 

 

 

で、2人目にかけてみると、、、

 

 

 

 

ル:ゲームカテゴリーで出品できなくなってるんですけど、原因はわかりますか?

 

 

 

 

テ:システム障害か内部規約の変更の可能性がございます。

 

 

 

 

ル:システム障害?さっきの方はそんなこと言ってませんでした。

 

 

 

 

ル:さっきの方は出品規約に変更があり、今出品できない人は今後も出品できないと言われたんですが?

 

 

 

 

テ:いや、そういった情報は今のところ聞いておりません。

 

 

 

 

ル:(おい、最初のやつは一体なんなんだ!)

 

 

 

 

ル:システム障害なのか規約変更なのか、どちらかハッキリはしないんですか?

 

 

 

 

テ:そこも含めて今調査中でございます。

 

 

 

 

ル:調査中?規約変更であれば調査する必要などないですよね?やっぱりシステム障害ですか?

 

 

 

 

テ:申し訳ございませんがお答えできかねます。

 

 

 

 

ル:なんでそこまでして隠したがるの?セラーセントラルにシステム障害の調査中と表示するだけじゃない?

 

 

 

 

テ:申し訳ございませんがお答えできかねます。

 

 

 

 

ル:(あっそ!)わかりました〜ありがとうございます。

 

 

 

 

 

、、、、1人目と全然違う回答じゃん!

 

てか調査中なら調査中とセラーセントラルに書け!

 

それだけでほぼ全ての出品者が安心できるっていうのに。

 

そして今後も出品できないって情報は一体どこから出てきたんだ、、、、

 

 

 

 

で、3人目にかけてみると

 

 

 

 

ル:ゲームカテゴリーに出品できないんですけど、原因はわかりますか?

 

 

 

 

テ:申し訳ございません。ただ今システム障害が起きておりまして原因を調査中です。

 

 

 

 

ル:システム障害が起きているんですか?

 

 

 

 

テ:さようでございます。

 

 

 

 

ル:今はっきりと言い切られましたが、信じていいんですか?

 

ル:直前に違う方2人にもかけましたが規約変更についても言及されてましたが。

 

 

 

 

 

テ:規約変更の可能性もゼロではございませんが、ほぼほぼシステム障害が原因ですのでそのうち復旧するものと思われます。

 

テ:そもそも出品者様は健全な販売を行っていただいておりますので、規約変更で出品できなくなることはないと思われます。

 

 

 

 

 

ル:そうですか。では先ほどの方に言われた出品規約の変更によって今後は出品できないという話はなんだったんですか?

 

 

 

 

テ:申し訳ございません。何か話の行き違いがあったのか、完全に間違ったご案内となります。

 

 

 

 

ル:そうですか。わかりました。全員があなたのような人だったらみんな幸せなんですけどね。

 

 

 

 

テ:ありがとうございます。ご迷惑をおかけいたしますが、復旧までもうしばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

 

ル:わかりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

という感じでした。

 

 

 

もちろん真実がわからない以上は誰が本当かわかりません。

 

 

 

が、下記要因によって規約変更による出品規制ではないことは推測できるはずです。

 

 

 

 

・アカウントの健全性を全てクリアしていること。

 

・セラーフォーラムでも同様の症状を訴える人がいること。

 

・今現在中古を出品できるという声が全くないこと。

 

 

 

 

これらを考慮すれば「自分だけが」規制されているわけではないと推測できるわけです。

 

 

 

 

しかし、テクニカルサポートを全面的に信用してしまっている人(そんな人いるのか?)だと、

 

最初のように「お前は今後もう出品できんわ。残念だな」なんて言われたら絶望しか残りませんね。

 

 

 

 

テクニカルサポートは99%の人が質が低いです。

 

 

というかあの程度の案内でいいなら小学生でもできるでしょ(笑)

 

 

 

・情報は真偽の確認もせずにテキトーに答える。

 

 

・都合の悪いことは全て「わかりません」「言えません」「知りません」で済ませる。

 

 

・嘘の案内をしてもクビにならない。

 

 

 

 

、、、、どんな仕事やねん!(笑)

 

 

 

 

僕ぐらいテクニカルサポートに電話してると(そんなにしてませんが笑)、

 

テクニカルサポートの第一声である

 

 

「お電話ありがとうございます。Amazonテクニカルサポート◯◯がお受けいたします」

 

 

の時点でちゃんとしてるかどうかなんとなーくわかります。

 

 

 

 

まずダメな人はすでにオドオドしてますね。

 

ま、完全に独断と偏見ですが(笑)

 

 

 

 

 

で、ここまででも十分とんでもないことになっているわけですが、

 

僕が最も衝撃を受けたのは、、、、、、

 

 

 

 

 

出品許可の無断剥奪?

 

 

 

 

僕はハッキリ言って今回の件についてはかなーーーーーーーり油断してました。

 

 

 

 

それはなぜか?

 

 

 

 

TVゲームカテゴリーの出品許可を所持していたからです。

 

 

 

 

これは別に特別な資格が必要でもなんでもなく、

 

2017年4月(ぐらい?)より前にゲームカテゴリーに出品したことがあれば付与されるものです。

 

 

 

 

別に「付与しますよー」って連絡がくるわけでもないので、

 

興味のない人は知らないかもしれません。

 

 

 

 

 

逆に言うと2017年4月(ぐらい)以降から出品アカウントを作った人、

 

もしくはそれまでにゲームカテゴリーに一度も出品してない人は販売許可がないため、

 

現状ではゲームを出品することはできません。

 

 

 

 

 

 

僕はここに油断していました。

 

 

 

 

 

出品許可を持っていて、何もやらかしたりせず健全に販売していれば、

 

販売許可が剥奪されることはないだろう、、、、と。

 

 

 

 

 

で、実際はどうか?

 

 

 

 

 

販売許可はいつ剥奪されたのかもわからないぐらいに無断で剥奪され、

 

出品しようとすると「カテゴリーの出品許可がありません」と表示される始末。

 

慌てて出品許可を確認すると、そもそも何も表示がなくなっている。

 

 

 

 

 

出品許可の無断剥奪には驚きました。

 

 

 

 

 

他にもCDは今現在出品できない人が結構多いと思います。

 

相変わらず出品許可を求める申請をすることすらできないみたいなので、

 

今後も新規出品者はCDは販売不可と思ったほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

そうなるとどうしても

 

「俺は出品許可があるし大丈夫だ」

 

と思いがちですが、そんなものはいきなり無断剥奪されるだけのようです。

 

 

 

 

 

 

 

Amazonで販売している限り、安泰ということはない。

 

 

 

 

 

Amazonで販売している限り安泰という文字はないことが身にしみて勉強になりました。

 

 

ルールを守っていれば理不尽に裁かれることはない、少なくともAmazonには。

 

というのは幻想もいいところだったわけですね。

 

 

 

だからといって僕が今後ルール違反をしてグレーゾーンせどらーになるかは別ですが(笑)

 

 

 

ただ、少し対策が必要とも感じました。

 

 

 

 

僕のブログ読者さんは僕も含め副業の方が多いと思いますが、

 

Amazonで、しかもアカウント1つで専業の人とか本当にすごいですね。

 

(専業はみんな複数アカウントなのかな?)

 

 

 

 

ルールに則って販売していても、ある日いきなりルールを根底から崩される。

 

 

 

 

それがAmazonだってことか。

 

 

 

 

あーこわ。

 

 

 

 

さて、仕事いってきまーす。

 

 

 

 

p.s.

 

 

昼休みにチェックすると出品可能になってました。

 

 

 

 

一応テクニカルサポートに電話して確認しましたが、

 

あれは障害だったようですね。

 

 

 

 

未だにセラーセントラルに障害があったことも障害から復旧したことも言及がないことを聞くと、

 

そもそも言及する予定はないとのことでした(笑)

 

 

 

 

 

隠蔽というか、出品者のことなどどうでもいいという体質ですね(笑)

 

 

 

 

 

pp.s.

 

 

で、今回の復旧に際してTVゲームカテゴリーの出品許可制度が廃止されています。

 

 

これは誰でも出品できるようになったわけではなく、

 

 

 

今まで出品できる状態だった人はこれからもできる。

 

今まで出品できなかった人はこれからもできない。

 

 

 

ということを意味しているらしいです。

 

 

 

CDは未だに出品許可システムがありますし、謎ですね。

 

 

 

 

なにはともあれ、Amazonはこういったことをひっそりとやるので油断できません。

 

 

 

 

今後の販売はより警戒していく必要がありますね。

 

 

 

mailtop1010

1476082961ms9eyntzowtlkiq1476082961-1

氏名*

メールアドレス*

確認用メールアドレス*