こんにちは、ルカスです。

 

 

いやーすっかり久しぶりのブログになってしまいました!

どうしても「特別何かないと更新しちゃいけない」みたいな感じがして

更新をためらってしまいます。

 

 

久々の更新なので4月の中間報告とルカスの大好きな(?)評価の話について書きます。

 

 

4月の中間売上報告

 

 

4月も半分が終わりましたね。

4月も半分が終わりましたが、一年はあと少しで3分の1が終わろうとしています。

 

 

いやー早い!

早すぎる!!

 

 

そして売上は消費税増税なんて関係あったのかというぐらい絶好調!!

絶好調というより過去最高ペースです!!

その売上がこちら。

 

 

f:id:motherX:20140415102934p:plain

 

 

ブログを書いているのが15日なので、正確には14日分の売上ですね。

ものすごく調子がいいです。

 

 

原因はずっと言っていることですが「仕入れ」です。

「仕入れ」をしているから。

これ以上の原因はないです。

 

 

増税とか関係ないです。

単価の高い物も売れますし、相場より高くしても今までどおりきちんと売れます。

 

 

売れるペースも何ら変わりない。

ここまで変化がないと本当に景気回復してるんじゃないかと思うぐらいですね^^

 

 

そうならいいのですが、ルカスは全く回復しません^^

増税で売れなくなったとか言うのは多分気のせいですよー。

 

 

それなら増税で仕入れが難しくなったとか言う方がまだ説得力あります。

このままのペースで行けば今月は過去最高の売上である月商150万ペースです。

 

 

月商アピールするわけではありません。

利益率が大体決まっていれば月商によって大体の利益額もわかります。

 

 

ルカスは大体利益率25~30%をウロウロしているので

利益額は大体37万~45万ぐらいですね。

 

 

・・・月商150万いけばですけど^^

また月末に報告します^^

 

 

評価1の特徴

 

 

では、本題というか評価の話です^^

ここ最近とにかくクレームが多かったです。

 

 

もちろん?というかルカス側に非はないです。

というのもきちんと説明文に書いていることを読まずに買っておいて

 

 

「これどういうことだ!コノヤロー!!(`・ω・´)」

 

 

というのが多いんです。

せどりをやっている人が受けるクレームはほとんどがこれではないでしょうか?

 

 

あるDSソフトをソフトだけで売った時の話です。

 

 

お客さん「これ箱と説明書無いですが詐欺ですよね?そして送料はこんなにかかってないですよね?」

 

 

ルカス「お手元に納品書はございますか?そちらにソフトのみと明記してあります。また、送料はAmazonが定めている価格しか頂いておりません。」

 

 

お客さん「は?お前ふざけてんの?だったら箱と説明書ないって書いとけや!書いてあったらお前みてーなアホから買わねーよ!!」

 

 

なんだこいつは。

ソフトのみという説明文で状況が理解できない人間が

箱と説明書なしと書けば理解できるっていうのか?

 

 

そんなわけねーだろ~^^

なんて思っていると電話が。

もちろん非通知^^

 

 

まぁ、取らないわけにはいかないので取りますよ^^

取りたくないですけどね^^

 

 

ルカス「お電話ありがとうございます。ルカスです。」

 

 

お客さんだと思われる人「・・・・クズ野郎、死ね。ガチャ!!」

 

 

やっぱりなー^^

こういう人本当にいます。

 

 

何度か当たったことありますけど、Amazonの販売形式では拒否できない。

そして見分けることもできない。

 

 

Amazonは購入者を評価できないですからね。

そして何故か低評価もしないし、返金も要請しない。

 

 

この手のタイプには珍しいです。

こういう人は返金を要請しないのはほとんどですが、低評価は基本ですからね。

ちなみに中年のおっさんだと思います。

 

 

クレーム2件目

 

 

別の日に他のお客さんからこのようなメールが。

 

 

お客さん「説明文と違う状態のものが届いた。タッチペンもないし騙された。詐欺だ!」

 

 

えーーーー!!!

マジかーーー!!!

 

 

こりゃとうとうルカスが悪いというパターンが発生したか・・・。

そしてタッチペンというキーワードから推測すると商品はほぼ絞られます。

 

 

有名どころでいうと・・・

もちろんDS本体各種ですね。

そしてこれも。

 

 

タッチ! カービィ

タッチ! カービィ

これタッチペンついてますからね、本当は。

ほとんどついてるのみたことないですけど。

あとはこのシリーズかな?

 

 

 

 

このシリーズのものは正確にはタッチペンではなく、「バチペン」ですけどね。

お客さんはそんなもの関係なく「タッチペン!」と言ってくるので。

 

 

と、こんな感じで予想を立てて調べたんですよ。

ところがこれらのどれでもないんです。

 

 

どれも売った形跡がない。

仕方ないのでお客さんに聞きました。

 

 

どちらの商品をお買い上げですか?といった内容を。

すると「AmazonマーケットプレイスのEメールについて」というメールが。

つまりお客さんの携帯にはメールは届いていないということです。

 

 

このメールがきたときのお客さんからの返信率は0%。

つまり一度も返事が来たことないんです。

これはもう最悪のパターンしかありえません。

 

 

★ここまでは現実★

 

 

お客さん「あのクソ出品者!詐欺だぞ!文句言ってやる!」

 

ルカス「げっ!こりゃまずい!そしてどれを買ったのかわからない!聞いてみよう」

 

Amazon「お客さんにはメール届いてないからヨロシク^^」

 

 

 

★ここからは予想★

 

 

お客さん「あのクソ出品者め。詐欺をしておいて挙げ句の果てに無視か。いい度胸だな。よし、とりあえず評価1だな。」

 

評価コメント「評価1。詐欺でした。出品者に連絡しても無視された。最低です。」

 

ルカス「ちょい待ち!こっちは連絡したぞ!Amazonさん、こっちも問題解決の努力したの知ってるよね?メール履歴見れてるよね?もちろん評価消してくれるよね?」

 

Amazon「無理に決まってんだろ^^諦めろや^^」

 

 

この予想はAmazonの販売者なら誰でも予想がつくはずです^^

それを断固阻止すべく、早速Amazonにメールしてみました。

 

 

ルカス「このお客さんが買った商品を教えて欲しい!調べても出てこない!」

 

Amazon「そりゃ出てこないよ。買ってないからね^^お客さん間違ってんじゃね?」

 

 

え?なんだそりゃ。

よく間違いであの勢いのメール送れるわ。

何が「詐欺」だよ、ふざけんな!

 

 

評価1を逃れた安堵と同時に怒りが込み上げてきました^^

そしてもちろんその怒りをぶつけることなく、やんわりと伝えると・・・

 

 

お客さん「間違えました。失礼しました。」

 

 

・・・あんたのその何の心も伝わってこないメールのために

こっちはどんだけ苦労したと思ってんだよー。

 

 

と思いましたが、正直心がこもってるかどうかは別にして謝ってくるだけマシです。

クレーマーのほとんどは

 

 

「文句は言うが自分が間違っていても謝らない」

 

 

というとんでもないスタンスが基本です。

 

 

そもそもこの件に関して言えば、

最初から喧嘩腰の「文句」ではなく返金してほしいという内容の「問い合わせ」を

すれば良いだけの話なのに、なぜここまで怒るのでしょうね。

 

 

キレても怒鳴っても評価1をつけても、自分が得られるメリットは変わりません。

むしろ販売者に不利益を与えようとすれば

自分が得られたはずのメリットを逃す可能性すらあるというのに。

 

 

自分がこの手のパターンに遭遇したときにキレないタイプの人間ということも

あるかもしれませんが、本当にキレる人の意味がわからないです。

 

 

クレーマーの特徴

 

 

ここでいうクレーマーとは

 

 

1.ルカスの数少ないサンプルのデータだということ。

 

2.Amazon限定のサンプルだということ。

 

 

を理解していただいた上で読んでください。

では書きます。

 

 

少なくともルカスの場合はクレーマーとはほぼこのパターンです。

 

 

1.9割は女性。

 

2.電話してくるのはほとんどが40代以上。

 

3.商品説明文は全く読まない。が、自分は悪くない。

 

4.安い商品の場合が9割。

 

 

では、それぞれルカスの経験談を書いていきます。

 

 

 

1.9割は女性。

女性差別ではなく、ただの事実です。

 

 

そして特に女性からのクレームに多いのが

 

 

3.商品説明文は全く読まない。が、自分は悪くない。

 

 

これと女性はセットです。

ほぼ必ずです。

 

 

不思議なことに男性はこのパターンはほぼいません。

勘違いしないで欲しいのはお客さんの99%は良い購入者だということです。

 

 

男性も女性も99%は良い購入者です。

ただ、1%のクレーマーの中の割合で言うと圧倒的に女性が多い。

 

 

そして説明文は読まない。

 

 

もちろん「説明文は読んでないが、私は悪くない。悪いのはお前だ。」

 

 

というスタンスです。

そして次に

 

 

2.電話してくるのはほとんどが40代以上。

 

 

 

これはあくまで声や雰囲気での判断なので正確ではないかもしれませんが

声や雰囲気には若いオーラがありません^^

 

 

何故か電話してくるのはほぼ男性です。

おっさんです。

 

 

そして必ずブチギレます^^

暴言なんて言葉では片付けられないほどの言葉を吐き散らします。

 

 

間違いなく「怒鳴ればなんとかなる」と思っているのでしょう。

一般的な接客業では「とにかく謝って丸く収める」というのが浸透していますから

このような人種が生まれるのです。

 

 

「お客様は神様。だから店員は謝って当然。」と心から思ってますからね。

そうでなければこのような手段には出ないはず。

 

 

このパターンのクレーマーから電話が来ると話すだけ時間の無駄です。

こちらの言葉は全く聞こうともしません。

 

 

事実を言えば言うほど「あ?なんだテメー!ふざけてんのか!○ね!」

と言われるだけです。(実際、ほぼ言われます。)

 

 

こちらも丸く収める気は全くないので、戦いたいですが時間の無駄です。

この手のタイプももちろん

 

 

「説明文は読んでない。それは認める。だが俺は何も悪くない。悪いのはお前だ。」

 

 

というタイプなので本当に厄介です。

そしてこれら全てのクレーマーに共通して言えるのは

安い商品のときに発生するということです。

 

 

商品に問題がない場合は極端な話、説明文を読まなくても良いですし

クレームになる要素があまりないです。

 

 

ただ、安い商品の場合は販売者からすると安い理由があります。

欠品がある、コンディションが良くないなど。

 

 

それを商品説明文に記載して、安く販売するんですよね。

でもそれは販売者側の考えであって購入者の考えではないです。

 

 

このようなクレーマーは安い理由など考えません。

1000円の商品も5000円の商品も同じコンディションでなければ文句を言う。

 

 

こっちは客だぞ?額はともかく「金を払った」という意味では同じだ。

なのにこの状態はなんだ?新品同様じゃない。ありえないだろ!金返せ!

 

 

・・・本当に疲れます。

売上並みに評価が気になるときもあります。

 

 

そしてこれらのクレーマーに疲れてしまい、

ストレス発散のために欲しかったものを買ったんです。

 

 

Amazonになかったのでヤフオクで。

そこでまたすごいものを見たというか、羨ましいというか・・・。

書きますね。

今日は長くてすみません^^

 

 

ヤフオクのマイルール

 

 

ヤフオクはマイルールが本当に多いです。

もちろん最低限の規約は守っているのでしょうがマイルールが多い。

 

 

これは基本的には羨ましい。

でもヤフオク参戦したくはない。

 

 

だってめんどくさいから^^

 

 

でも欲しいモノがヤフオクで安かったなら仕方ない!!

ということで無事落札しましたが、この人にもマイルールが。

 

 

1.送料差額は返金しないし、請求もしない。

 

2.落札後3日内に振り込まなければ、落札者が悪いことにします。(落札者削除)

 

 

オークション全くやらないので知りませんでしたが流行ってるみたいですね。

「送料差額は返金も請求もしない。」というマイルールが。

 

 

背景には送料200円払ったのにクロネコメール便の1cmで送られてきた!

1cmなら80円で送れるはず!金返せ!

というようなクレームが頻発したためのマイルールでしょう。

 

 

現状は単に送料を必要以上に多く請求している出品者が多いように見えましたね。

同じ商品、発送方法で片方は正当な送料80円なのに片方は200円。

 

 

もちろん返金も請求もしないマイルールつき。

そりゃ請求はしないだろうよ。

 

 

どう考えても80円で送れるんだし。

特約結ぶとかそういった陰の努力をして差額を得るならまだしも

こういった差額の取り方はどうなのかなー。

と思いました。

 

 

彼らにすれば「嫌なら買うな。」なんでしょうけど。

そしてもっと納得いかないのが3日内の振込のマイルールです。

 

 

これも悪質な落札者防止のために書いている人がほとんどなのでしょう。

仕方ない部分があるのは理解できます。

 

 

そしてルカスがお世話になった人もこのマイルールでした。

ルカスはすぐに振り込むので全く問題ないのですが、問題は出品者です。

入金後、連絡すると・・・

 

 

出品者「入金確認しました^^仕事が忙しいので発送は5日後にしますね^^」

 

 

おいおい。

落札者には3日内に振り込まなければ落札者が全て悪いことにするのに

自分は仕事が忙しいから5日後に発送?

 

 

こっちも仕事あるわ!おかしいだろ!

と言いたくなりますが、言いません。

 

 

この手のタイプは何度も書きましたが

 

 

「自分はいいけどお前はダメ。当然だろ?」

 

 

というタイプですし、ヤフオクは見ている感じだと本当に

 

 

「嫌なら買うな。別にお前じゃなくても売る奴はいる」

 

 

というのが前面に出ている感じがします。

もちろんルカスの数少ない経験からです。

 

 

でも正直羨ましい部分もあります。

こんな一方的なマイルールを押し付けられるなんて良いですよね^^

 

 

販売する場所が変わるだけでこんなにも違うものかと。

そしてヤフオクの場合は相互評価なので、

報復評価を恐れるなら下手に相手に低評価を入れることもできない。

この相互評価制度がAmazonとの最大の違いかと思います。

 

 

Amazonもヤフオクも一長一短だと思いますが、

ヤフオクの相互評価はともかく、ブラックリスト制度は是非導入してほしいなと思いました。

 

 

悪質なクレーマーからのストレスが減りそうですからね^^

いやー今日は長くなりました^^

 

 

文字数にして6000字を超えています(笑)

こんなただただ長い文章を読んでくれたアナタ!

本当にありがとうございました(笑)

 

mailtop1010

1476082961ms9eyntzowtlkiq1476082961-1

氏名*

メールアドレス*

確認用メールアドレス*