今回はゲームせどりで仕入れをする際に気をつけるべき

4つのポイントについて書きます。

 

 

その4つのポイントとは

 

1.利益額

 

2.利益率

 

3.回転率

 

4.リピート商品かの判断

 

 

です。

では、1つずつ見ていきましょう。

 

 

 

利益額

 

 

利益額とは『この商品が売れたとき利益になる金額のこと』です。

 

 

もちろん利益額が多ければ多いほど良い商品です。

ですがゲームせどりでは利益額はあまり意識しすぎないことをおすすめします。

 

 

利益額を求めると利益率が下がる可能性が高くなり、結果効率が悪くなります。

今のルカスのせどりの収入を支えているのはほとんどが小さい利益のゲームです。

 

 

500円ぐらいの小さな利益でも買います。

売れ損ねる可能性がないので確実に利益の基礎を作ることができるのです。

 

 

ゲームせどり=1発で大きく稼げる!などというのは気のせいです。

もちろんそういうものもありますが、基本はコツコツです。

大きく稼ぐには1発大きいのを当てる以外にも、小さい利益を積み重ねるという方法もあることを忘れないでください。

 

 

 

利益率

 

 

これはある程度前回記事でも書きましたね。

 

利益率とは?せどり仕入れ時に重要なこと。 – せどりブログ。初心者が稼ぐ簡単な方法。

 

 

この利益率さえ守れば利益アップ間違いなしです!!

 

利益率は『効率』のことです。

 

 

『効率』が悪ければ利益が増えるスピードが鈍ります。

特に初心者さんは仕入れ資金が少ないことが多いです。

 

 

せどりの謳い文句は『少ない資金から始められる』ですしね^^

その少ない資金を増やすのが目標なのに、

『非効率』な仕入れをやっていては資金が回らずに仕入れが出来なくなってしまう。

 

 

するとどうなるか。

 

 

効率が悪い→資金がなくなる→仕入れできない→売れない→利益でない→

 

 

『せどりは儲からない』

 

 

よく聞く方程式の完成ですね^^

 

 

そのために『利益率』を意識しましょう!

仕入れの際に意地でも守るべきものは『利益率』なんです。

 

 

でもこれは中級者や上級者には当てはまらない部分も多少はあります。

多少効率が悪くても資金が豊富なため『利益額』を追いかけられるのです。

(ルカスはあまり追いかけませんが。)

 

 

ですがそれはあくまで慣れてきてからの話です。

とにかく基本は『利益率』です。

 

 

 

回転率

 

 

回転率も利益率に並んでせどりの命とも言える部分です。

ルカスは利益率と回転率は稼げるようになった今でもかなり重視している基準です。

 

 

先ほど利益額の項目に、利益額とは

 

『この商品が売れたとき利益になる金額のこと』

 

と書きました。

 

 

言い換えると、利益額とは『売れたときまで意味がない金額。』です。

別の言い方だと『売れたときまでは全く未知数の金額。』です。

 

 

この2つの言い方に共通しているのは『売れたとき』つまり『回転』です。

しかもせどりの仕入れた在庫は売れるまでは現金にはならないものです。

『回転』させて初めて利益になるのです。

 

 

ルカスは仕入れた商品を1ヶ月で全て売り切ることを目標に仕入れをしています。

もちろん全てが上手く1ヶ月以内に売れるわけではありません。

 

 

出品して1日で売れるものもあれば2ヶ月残るものも稀にあります。

半年とかはないですけどね^^

 

 

商品をいかに早く売り(回転させ)、利益率(効率)を維持して利益を取るか。

これはゲームせどりに限らず全てのジャンルでこだわるべき部分だとルカスは

思っています。

 

 

 

 

リピート商品

 

 

リピート商品とは『繰り返し何度も販売する商品』のことです。

リピート商品には次のようなメリットがあります。

 

 

1.売れることが実体験でわかっているので安心できる。

 

2.サーチする必要がないので時間が短縮できる。

 

 

まず販売経験があるということは、こんなに安心できることもありません。

もちろん回転や利益率も過去の自分のデータがあるので参考にできます。

 

 

そしてリピートするということはサーチする必要がないということにもなります。

このリピート商品のレパートリーを増やしていくとサーチする時間が減り楽になります。

 

 

ルカスが新品ゲームせどりをおすすめしないのはこれも理由の一つです。

新品ゲームはどこにでも置いてあるわけではありません。

あくまでラッキーだとルカスは考えます。

 

 

でもブックオフを使ったリピート商品は違います。

 

 

ラッキーではありません。どのブックオフでも基本同じ値段で販売しています。

これは大きな違いです。

 

 

あるかないかわからない新品を探すより、どこのブックオフにも置いてある商品を

販売する方が確実に利益が出るし、楽です。

 

 

ただし、いくら過去に販売したことがあるといっても利益率が悪かったり

回転が遅い商品はリピートするか考えてからのほうがいいです。

何でもリピートすれば良いってもんじゃありません。

 

 

 

ルカスの気をつけるべき4つのポイントの優先順位

 

 

利益率=回転率>>利益額=リピート

 

 

日本語にすると・・・

 

 

効率(利益率)よく仕入れてさっさと(回転率)売って、お金増やす(利益額)。

そして同じものをまた売る(リピート)。

 

 

利益率と回転率さえ守れば結果はついてきます。

利益額だけを追いかけると回転が鈍り失敗しやすくなります。

以上のことに気をつけて仕入れをしてみましょう!!

 

mailtop1010

1476082961ms9eyntzowtlkiq1476082961-1

氏名*

メールアドレス*

確認用メールアドレス*