ルカスです。

 

今日はデータを取ることの重要性について書きます。

 

まずデータを取ることがなぜ重要なのか?

ということですが、どんなものにせよ一つや二つ見ただけでは本当の姿を見ることはできません。

 

アマゾンのランキングだって今現在のランキングよりも、

過去数ヶ月の平均ランキングが知りたいですよね。

 

例えばブックオフなどの店舗せどりでも、

一店舗だけゲームを全頭検査してみてダメだったからといって全ての店がダメだとは限りません。

 

ブックオフのゲームせどりが本当に稼げるかどうかは、

少なくとも一店舗だけのデータでは測れないのです。

 

 

 

・その店舗はたまたま値付けがキツイ店なのかもしれないですよね?

 

・その店舗はたまたま品揃えの悪い店なのかもしれないですよね?

 

・その店舗はたまたまちょっと前に他のせどらーが来たばかりかもしれませんよね?

 

 

 

これらのことが何もハッキリしないまま、

たった一店舗や二店舗やっただけで稼げないと決めつけてしまうのはもったいないです。

 

逆ならまだいいです。

たまたま行った店舗でガッツリ稼げそうだったので、

自信をつけて他の店舗も検索するというならいいですよね。

 

とにかく稼げない人というのは、

何かと理由をつけて諦める自分を正当化しようとします。

 

◯◯だからしょうがない。

 

◯◯だから無理だ。

 

◯◯だから稼げない。

 

◯◯だから時間がない。

 

 

辞めるのは勝手ですが、

稼ぎたいなら継続してデータを取って傾向をつかみましょう。

 

それはジャンルごとでもあるし、

商品ごとでもあるし、店舗ごとでもあるし、店員ごとでもある。

 

とにかくデータは自分が把握できる範囲で、

多く、細かいほうがいいです。

 

例えばエクセルなどで管理するのもいいでしょう。

僕は全て頭のなかで記憶していますが、どうしても覚えられないならそこまでやりましょう。

 

とにかく何に関しても徹底的に追求して、

極めた人が勝つことができます。

 

特にデータを取ることが上手い人は、

上手に稼ぐことができると思います。

 

もちろん行動力や資金力も重要ですが、

ノウハウに直結するデータというのはやはり貴重ですね。

 

データというのは店舗せどりだけではありません。

 

例えばヤフオクなどでも月曜日に全く落札できなかったからといって、

火曜日も水曜日も同じ結果とは限りません。

 

ヤフオクは一般的に土日に終了するように設定されている商品が多いですが、

終了する商品が多い=落札できる商品が多いとも限りません。

 

店舗だろうが電脳だろうが何であろうが。

データを制するものが利益を取り続けることができます。

 

しかしデータを取り続けるためには行動力が必要です。

場合によっては実際に仕入れてみてデータを取る場合もあります。

 

となると行動力も必要ですね。

 

せどりで稼ぐために必要なのは

 

・行動力

 

・ノウハウ

 

・資金力

 

 

これらは掛け算です。

どれかがずば抜けていてもどれかがゼロでは稼げません。

 

僕が今月仕入れた新品家電は、

全て同じチェーン店で仕入れました。

 

ただ最初にそのチェーン店に行った時には、

その商品は取り扱ってませんでした。

 

次の店にもありませんでした。

 

最初に見つけたのは三店舗目です。

僕は諦めずにデータを取り続けたため大きな利益を取ることが出来ました。

 

最初の店舗や二店舗目で諦めていたら、

あの商品には出会えなかったわけです。

 

諦めていなくてもデータを取っていなければ、

その商品に気づけなかったわけです。

三店舗目で初めて見かけた商品をサーチした時に見つけたのですから。

 

商品を見つけても資金力がなければ、

仕入れることはできないわけです。

 

行動とデータと資金力。

全て必要ですが特に大変なのはデータを集めることです。

 

頭も使いますし根気も必要です。

それだけに得られるリターンも大きい。

 

日頃から数々の小さな変化に敏感になりましょうね^^

 

 

mailtop1010

1476082961ms9eyntzowtlkiq1476082961-1

氏名*

メールアドレス*

確認用メールアドレス*